Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

Windows Phone 7.5 搭載 IS12T いよいよ明日発売

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0823/index.html

昨日突然発表された、WindowsPhone7.5 搭載スマートフォン
IS12T がいよいよ明日発売になります。(地域により26日などにずれ込む)
管理人も早速auショップに行き、予約してもらい
明日の朝受け取ることに決まりました。
Windows7 やWindows Live などと相性が良いスマホなので
こちらのサイトで紹介しようとも思いましたが
情報量がすごくなりそうなので、別サイトを作りました。

WindowsPhone7情報
http://windowsphone7news.net/

Microsoft Office 2010 とも連携できるとのことで、Office2010 も購入しました。
One Note を体験版で使ったことがありますがなかなか便利でしたので
スマホで連携できたらかなりよさげです。
何しろ管理人、スマホはこれが初めてなので、もはや常識的なことすら
驚きながら記事を書きそうですが(Evernote とか詳しく知りません)
興味がありましたら是非ご覧ください。


このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows Home Server2011 大幅値下げで本日価格改定

13000円くらいでDSP版が売られていたはずの
Windows Home Server 2011 DSP版(USB2.0 PCI カードセット)ですが。
価格改定に伴い、今日から5000円ぐらい安くなって売られるようです。


ドスパラ-Windows Home Server2011DSP版 7980円


管理人も物欲SNS zigsowでこちらの製品をレビューで頂いて使っています
非常にシンプルでわかりやすい設定なので、普通にホームサーバーとして
使うぶんには13000円は安いと思っていました。
(特にセキュアなリモートデスクトップ機能は必見の価値あり。ポート3386を開ける必要がありません)

もともと順調に売り上げを伸ばしていたWindows Home Server2011なのに
ここでさらに値下げするというのは、何か競合他社へのけん制かもしれないですね。
とはいえ消費者にはそんなのどうでもいい話。
良いサーバーOS が安く買えるのはうれしいものです。


このエントリーを含むはてなブックマーク

Core i7-990X などが無料でもらえる!? インフィニティレビュー登場

物欲SNS として2007年にスタートしたzigsow というSNS にて
Intel がスポンサーとした、インフィニティレビューが登場しました。

大規模レビュー企画「レビューインフィニティ」開始

7月7日より毎週木曜日にレビューアーを募集し、見事当選した
ユーザーには、製品が提供されます。
製品を実際に使ってみての感想や、使い方などを
SNS 内でレビューすることにより、その製品をそのまま無料で
もらえてしまうという企画ですね。

今回のレビューアー募集は8週連続で行われ
中にはIntel Core i7-990X や、Xeon と思われる週もあるようです。

管理人も実際に製品を受け取ったことがありますし
そのあと広告メルマガがわんさか来るといったいやがらせもありませんので
対象製品に興味があるようでしたら参加してみてはいかがでしょうか。
もちろん、SNSへの登録は無料です。


SNS zigsow(ジグソー


このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows7 SP1 パッケージが予約開始

7月15日に、Windows7 SP1 のパッケージ版が
発売されるそうです。
現在は予約受付中とのことで
3アカウント版のファミリーパックも数量限定で発売とのこと。

Windows はSP1 が出てから買うって決めてる人には
ようやくの発売ですね。


Windows7 SP1--Amazon--


このエントリーを含むはてなブックマーク

とうとうWindows7 がWindowsXP のシェアを抜き1位に

北米では、ですが(笑)

OS シェア、Windows 7 が Windows XP を抜き初の1位に

まあ、日本でもSP1搭載&SandyBridge搭載&地デジ搭載パソコンが
夏にずらっと出てきますのでそこらへんで一気にシェアが
変わってくると思います。
法人もいいかげんパソコンのサイクル時期にきていますし
いまどきCeleron で256MB のデスクトップパソコンで作業する
従業員がいたら聞いてみてください。
「パソコンの動作は快適ですか?」と。
60分かけて作った資料がフリーズで真っ白になったら、60分ぶんの
人件費が無駄になります。
リース契約されてる会社さんもあるかと思いますが
Windows7 そんなに悪い子じゃないというか、とってもいい子なので
(少なくともブルーバックの頻度は激減した。普通に使っていれば見る機会はないはず)


ああ、よかったら法人用パソコンを取り扱ってる
HPさん、レノボさんのホームページでも見てやってください。
特にHPさんは東京生産という意味で品質が安心ですし、
レノボさんはコストパフォーマンスやThinkPad の実績がありますので。





このエントリーを含むはてなブックマーク

「Office 2010 SP1」2011年夏にリリース予定

MS、「Office 2010 SP1」を2011年夏にリリースへ

Windows7 とは直接関係ありませんが、Office2010 プリインストールモデルなどで
パソコンを購入されてる方も多いかと思いますのでご紹介します。
Office 2010 のサービスパック1 が夏に提供される予定、噂や予想ではなく
公式ブログで公開されたそうです。
未だにWindows7 SP1 の導入を見送ってる方も多くいらっしゃると思いますが
Office2010 についても注意深く観察したいところですね。


このエントリーを含むはてなブックマーク

MS、「Windows Embedded Compact 7」を正式リリース その他

MS、「Windows Embedded Compact 7」を正式リリース--Windows CEの後継OS

タブレットPC などに最適とされているコンパクトなWindows7 となる
Windows Embedded Compact 7 が正式にリリースされました。
これにより、Windows Embedded Compact 7 を搭載した
スレートPC や、それに準ずるデバイスが登場してくるものと思われます。
ただすでに富士通さんが法人向けとはいえWindows7 でスレートPCを出してたり
富士通、Windows 7搭載のビジネス・タブレットPCを発売へ
 →富士通直販『WEB MART』(法人のお客様向け)

Windows8(仮)がスレートPC用のOS になるだろうと言われていることから
ちょっといまさら感がありますね。


まあそんなわけで、少し古いニュースですがこちら。

「Windows 8」タブレットが2012年第1四半期に登場する?--デルのロードマップがリーク

最近は情報漏えいにはうるさかった某A社さんも情報がリークされまくってますし
Windows 関係はこの手のうっかりリークも過去に数多く出てますので
大体予想通りになるかと思われます。


当然ながらiPad などの先行者に勝つには、なるべく早く
かつ、より魅力的な製品をリリースしなければならないわけですが・・・

焦燥のMicrosoftが繰り出すiPad対抗戦略の中身

どうやっても、「なるべく早く」のところで負けてしまっています。
スマートフォン分野でも、本来の計画であれば
Windows7&Windows 2008 R2 と同時にローンチしていたはずが
現時点では米国の一部キャリアのみという始末。
MicrosoftOffice という武器がありつつも、ITの世界では1秒千秋の勢いで
技術が加速していますので、時間の遅れだけはとにかくなんとかしなければ
このままずるずるとMicrosoft社さんの命運が危うくなっていくのではと
心配しています。


機能強化なしでもWindows 7 SP1が重要である理由

機能強化は確かにありません。
ですが、Windows7 SP1 の適用によるトラブルはかなりの範囲で
起きています。
少なくとも管理人の知り合いの何割かはトラブルが起きており
そのうち数割はSSD に問題が絡んでいます。
中には、Windows の再インストール(リカバリーやイメージからの復元)を
する人も何人かいました。
SP1 はこの前のエントリーでも書きましたが
標準ではインストールのチェックボックスがオフになっているので
しばらくは様子をみたほうがよさそうです。


このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows7 SP1 は22日に自動配布予定

Windows7 SP1 のWindowsUpdate にて配布される日時が決まりました。
一般ユーザー向けは2月22日だそうです。
(管理人のようなライセンスユーザーや、Technetサブスクリプション会員は16日)
以前からアナウンスされているように、Windows7 SP1 は
これまでに公開されてきた重要な更新をまとめたものにすぎず
新たに機能を追加するようなことはなさそうです。

また法人向けには「Service Pack Blocker Tool Kit」と呼ばれる
プログラムが別途提供されています。
WindowsUpdate などにて自動でSP1 がインストールされないようにする
プログラムです。
今回のSP1 はこれまでのSP1 とは違い大きな機能追加などはないとされていますが
それでも今までのSP1 の経験上、ある程度検証が整ったのちに
SP1 を導入したいと考えているユーザーは多いはずです。
かといって、自動アップデートにしておかないと、一部の熱心なユーザーを除いては
最新のセキュリティ状態に手動で保ってくれないのが現状です。
法人ユーザーのうちライセンス形態を取っているユーザーですと
17日にはSP1 が自動Update で入ってきますので
検証が不十分な場合には、このプログラムの導入を早急に適用するのがよいかと思います。

Windows7 SP1 公式サイト


このエントリーを含むはてなブックマーク

第二世代CoreシリーズSanday Bridge、ついに発売解禁!

インテル、第2世代のCore i3/5/7プロセッサを発表

1月6日に発表されたIntel の新しいCore シリーズですが
本日0時をもって、発売解禁となりました。
Core i3/i5/i7 とそれぞれあり、モバイル版も同時発売、
対応マザーボードも今日から発売となっています。
当然ながら、新Core i7 搭載パソコンも本日より
発売開始となりました。
Core i7 シリーズは、今のところ i7-2600、2600K、2600Sとなっており
組み込み型(パソコンに搭載されて売られるCPU)は、i7-2600 のみです。
ちなみにCore i7-2600 搭載モデルをいち早く管理人に連絡してくれたのは
こちら、マウスコンピューターさん。

マウスコンピューター/G-Tune


ハイスペック構成と、プレミアム構成のところに
Core i7-2600 が使われています。
ハイスペックとプレミアムの違いは、グラフィックスカードの違いのみで
あとは一緒ですね。
Core i7-2600 の仕様を見てみると
これまでのCore i7-800台 シリーズの上位版と捉えられるスペックです。
簡単にCPU の性能を書き出しますと……
・コア数 4
・スレッド数 8
・動作周波数 3.4Ghz
・ターボ・ブースト2利用時の最大周波数 3.8Ghz
・メモリーチャネル数 2
・内蔵グラフィックス有(HD2000)
・デュアル・ディスプレイ対応
等々となっています。
新しいCore シリーズでは、ターボブーストのバージョンが2.0になって
より高周波数で動くようになったのがポイントでしょうか。
マウスコンピュータ社さんのハイスペック構成のミニタワーの場合
79800円で、このCPUと、4GBメモリー、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、
NVIDIA Geforce GTS450/1GB、Windows7 Home Premium 64bit セレクタブルOSが
標準でついてます。
正直、ここまでついてるだけでもかなりハイスペックで
フルHD動画編集程度なら、はっきり言ってストレスを感じないレベルでしょう。
ブルーレイドライブにアップグレードすることも可能ですが
ブルーレイも3D化したにもかかわらずにぎわっていないことや
レンタルビデオ屋さんでは相変わらず新作はDVD で出るところを見る限り
そこまでブルーレイが必要かというと、そうでもない感じです。
(ブルーレイしか出ていない映画などももちろんありますので
それらを観賞したい人はアップグレード必須です)
年末にパソコンの買い替えしそびれた人には、朗報とも言える
新作CPU 搭載パソコンが79800円です。
モニターは標準ではついていないので、自分の用途にあったモニターを
選ぶと良いでしょう。
(マルチタッチモニターや、大型モニター、ゲーム用モニター等々)

2年前に自作した管理人のパソコンは、Core i7-920 でブルーレイ付けて
WindowsVista Ultimate付けて、モニターなしで20万しましたから
正直切ないです(笑)


このエントリーを含むはてなブックマーク