Windows7では消費電力が20%削減Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

Windows7では消費電力が20%削減

将来のWindowsはより“スリム”に――オジー氏が語ったクライアントOSの将来像
Vista は悪い子じゃない。ただちょっと、出てくる時期を間違えただけ……
とも読み取れる記事です。
内容は色々既出ですが、やはりOSに求めるものとしては
「安定している」「サクサク動く」「使いやすい」でしょうか。
半透明でかっこいいグラフィックや、エンターテイメントを強化するのも
悪くはありませんけど、基本的なところをどんどん開発してほしいものですね。

[PDC 2008]Windows 7にネットワーク・キャッシュを搭載,WANのサーバーへのアクセス速度を改善
残念ながらうちのVista は、他のPCがXPなので、SMB2.0の恩恵を受けられて
いないのですが
Windows7 用の新PCではVista を入れる予定ですので
SMB2.0が体感できるんじゃないかと思います。
たしかにネットワークのファイルコピー等はすごく遅かったですから
この変更はうれしいですね。
しかし、分散ファイル・システムのDFS も導入されるとなると
要は、ファイルコピーをLAN内に置いておくということですから
ネットワーク管理が甘かったりすると、重要なファイルまで
あちこちにコピーされそうでいやですね。
DFS の使用・不使用は設定できると思いますが
デフォルトで使用になってる可能性が高そうな気がします。
今までのWindows の流れから言って……(苦笑)

[PDC 2008]Windows 7ではリモート・デスクトップを強化,動画やゲームも再生可能に
これはちょっとうれしいですね。
もっとも、リモートで操作するようなパソコンを持っていればの話ですが(笑)
どうしてもネットワーク接続をした状態でデータのやり取りをするわけですから
画面表示にタイムラグがあるのはしょうがないとあきらめていたのが
リモートデスクトップ機能だったりします。
ただ、この記事にあった環境ならたしかに早そうとは思いますが
例えばインターネット経由でリモートデスクトップを実行しようとした場合
どれくらいのパフォーマンスが出るのか? そこがすごく気になるところです。
この直前の記事にあったようにSMB2.0同士のネットワークなら
いくつかの通信コマンドが省略されるので早いのでしょうけど。

[PDC 2008]Windows 7では電源管理を強化,アイドル時の消費電力を削減
エコですね、今流行りの(笑)
冗談はおいておいて、頻繁なポーリング(システムのチェックのようなもの)を
減らすことにより、CPUの使用率を減らし、ついては消費電力も減らすという
技術のようです。
最大で20%の省エネになるとのことですから
10時間動くバッテリーを搭載しているノートパソコンなら
12時間動けるようになるということでしょうか。
(実際にはアイドル時間と駆動時間では環境が違うので必ずしも
2割増しで動けるというわけではないでしょうけど)
量産型ノートパソコンの場合、どうしてもバッテリー駆動時間が
短かったりするので、この機能には期待したいですね。


Windows 7とWindows Azureの発表で沸いた「PDC 2008」の1週間
ITpro でのPDCやWindows7の記事の総まとめ記事です。
今まで記事を読んでなかった人も
とりあえずこの記事読んでおけば、大体把握できる感じです。



スポンサードリンク