2008年12月Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
ファイナルファンタジー14パソコン比較サイト
スポンサードリンク

Windows7ベータ版は1月に入手できる可能性

マイクロソフト、Windows 7のベータ版を1月にリリースか


2009年初頭に公開を予定していると言われている
Windows7 のパブリックベータ版ですが、1月にリリースされるのではないかと
噂になっているようです。
もっとも、パブリックベータ版のことなのか開発者などの
関係者に配られるベータ版なのかはわかりません。

ただ、開発者向けに配られるベータ版に関しては
前回のエントリーにて1月の可能性があることがわかっていますから
少しだけパブリックベータ版に期待が出てきましたね。


このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows7ベータ版は1月

「Windows 7」のベータ1版、2009年1月に開発者向け配布か

正直予想通りというか、元々、12月のクリスマス前に出るのではないかと
噂されていたので、1月に開発者向け配布は妥当なスケジュールだと思います。

開発者向けではなく、一般の熱心なWindowsユーザーが手にすることができる
パブリックベータに関しては、2009年初頭ということで
具体的な日時がわからないのが残念ですね。


フォトレポート:「Windows 7」のマルチタッチを体験

少々古いニュースですが、次のニュースの布石になるのであえて引用してみます。

すでに動画サイトなどでマルチタッチの画面を見た方も多いと思いますが
こちらはフォトレポートになっています。
フィンガーペインティングは子供にはもちろん、デザイン関係の
現場にはウケがいいのではないでしょうか。
当然ながら、ペンタブレットや、マウスなどのポインティングデバイスほど
精細な操作は期待できませんが、思ったままのイメージを
ダイレクトにすばやく表現できるというのは
かなりの利点に思えます。


フォトレポート:新機能搭載、「Windows 7」のタスクバー

よりウィンドウズが視覚的に、直感的に使えるようにと
改良されたタスクバーのフォトレポートです。

実際にWindows7 を推奨される環境にて使用してみなければ
その使い勝手はわかりませんが、これをマルチタッチが有効なシステムで
使えるのであれば、かなり面白い機能であると思います。

逆に、マルチタッチもなく、ハードウェア構成も必要条件ギリギリというような
システムの場合、この機能はわずらわしいものになる可能性が高いと予想されます。

そもそも、2008年12月の段階で、20インチを超えるタッチパネルディスプレイの
高価さを考えると、ほとんどのユーザーがマルチタッチを使えないので
賛否両論になりそうな機能だと思われます。


Engineering Windows 7 ブログより
アクション センター

SONYやNECなどメーカー製のパソコンを使っている方は、もっとも
わずらわしいと思っているのではないでしょうか。
画面右下に表示されるバルーン(ふきだし)でのメッセージを。

何しろ、メーカーからのメッセージのほかに、セキュリティ対策ソフトウェアからの
メッセージ、そしてWindowsからのメッセージと、頻繁にバルーンが
表示されるのですから、ほとんど内容も見ないまま[×]ボタンを
クリックしているものだと思います。
例えばWindowsUpdate関連のメッセージだと、メーカー&セキュリティソフト&Windowsと
3回同じようなメッセージが表示されたりするわけです(苦笑)

今回のEngineering Windows 7 blog では、バルーンの表示頻度を
調整できるようにしたとのことで、これはうれしい話ですね。

サードパーティ(セキュリティソフト会社やメーカー製ソフトなど)にも
同様にメッセージの頻度を調整するように推進していく予定とのことですから
最適なパソコン環境と進化していくことを望むばかりです。


このエントリーを含むはてなブックマーク