[連載]レノボ IdeaPad S10-2 でWindows7 RCを使ってみる-その3Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

[連載]レノボ IdeaPad S10-2 でWindows7 RCを使ってみる-その3

WindowsUpdate が終了し、ごく一部の電源管理系デバイスのみ
デバイスドライバがインストールされない状態となりましたが
こちらのブログ記事によると無理やりドライバーを入れることによって
逆にFn キーで不具合が起きるそうなので
そのまま放っておくことにしました(汗)

もちろん、!マークはついたままなのですが
起動終了に問題があるわけではなく。
むしろ、終了に関しては驚くほど早いです。
Windows7 RC にしてから、起動時間が40秒ほどに若干伸び
終了時間は7秒ほどにまで短縮されました。
これはシャットダウンですが、再起動でもほぼ同様の時間です。
特にノートパソコンやネットブックに関しては
電源をすぐに落としたいケースもあるでしょうから
これはうれしいですよね。


さて、では予告どおり、パフォーマンスを向上させるための
設定を順次検証していきたいと思います。


パフォーマンスの検証

デフォルトの設定状態にCPUメーターのガジェットを表示させて
その時々のメーター具合をチェックしてみました。
興味深いのは、設定から時間が経過するごとにある程度までは
メモリ使用量が減ることですね。
例えば、標準の画面設定である
Aero テーマ「Windows7」を選んだ直後は
メモリ使用率が48%まで上がっていましたが
その後しばらくすると43%まで下がっていきました。
おそらく、バックグラウンドでサービスが実行されたり終了したり
しているのだと思います。

パフォーマンスを向上させるということは
イコールメモリ使用量やCPU負荷を減らすということでも
なかったりするんですけど、数字で表現したほうが
文章ではわかりやすいので、あえてこういったデータで
表現しています。

次に、パフォーマンスが良くなるだろうと予測される
クラシック表示に変更してみます。
変更のしかたはこのとおり。
1.デスクトップの何もないところで右クリックし
 [個人設定]をクリック。
2.コンピューターの視覚効果と音を変更しますの
 ウィンドウのテーマの中から[Windowsクラシック]を
 クリックする。

予測どおり、Windowsクラシックにしたら即座にメモリ使用量が
2%減りました。
現時点で41%までメモリ使用量が減っている計算ですね。
しばらく時間を置くとさらに1%減って40%になりました。

もっとも、WindowsVistaより、画面表示に関しては
DirectX機能を使い、グラフィックスメモリから優先的に
使われているように仕様が変わっているので
ネットブックなどのように、グラフィックスメモリが
128MBに満たない場合にはこの設定が
有効かもしれないということであることを予めご理解ください。

さて、簡単に設定してみましたがもうちょっと
パフォーマンスを向上できないか設定してみます。

1.[スタート]‐[コントロールパネル]‐[システムとセキュリティ]‐
 [システム]‐関連項目より[パフォーマンスの情報とツール]‐
 左側のペインより[詳細ツール]と順にクリックしていく。
2.[Windows のデザインとパフォーマンスの調整]をクリックし
 パフォーマンス オプションウィンドウを表示させる。
3.[パフォーマンスを優先する]のラジオボタンをOnにして
 [適用]をクリックする。

設定が終わったところでこれを書いているメモ帳以外は
すべてウィンドウを閉じてみたところ
メモリ使用量が38%まで下がっていましたが、念のため
他の状態と同じ環境にするため、再起動をかけます。
再起動からしばらく待ち、落ち着いたところで
この文章を書いているメモ帳を開き、メーターを確認したところ
36%まで下がりました。
(メモ帳を開く前は34%まで下がっていた)


ちなみに、ここまでの検証を外出先の喫茶店でやっていたので
インターネット接続環境がありませんでした。
そのため、自宅に戻ってきてインターネット接続するやいなや
WindowsUpdate が自動的にバックグラウンドで動いたらしく
なかなかメモリ使用量が下がらずちょっとあせりました(笑)
WindowsUpdate を終わらせて再起動したあと
しばらくするとメモ帳を開いていない状態で33%まで下がりましたので
Windows7 RC導入初期の48%よりは十分に
パフォーマンスの向上の設定はできているのではないかと思います。

蛇足……ではありませんが、初期状態のAero の時や
Aero を無効にしてクラシックにした段階では
コントロールパネルでなんらかのカテゴリーをクリックした際に
エクスプローラーが応答停止になることがしばしばありました。
Aero を無効にしてかつ、パフォーマンス重視の設定に設定しなおした所で
エクスプローラーが止まることはなくなったので
(実際はあるのかもしれませんが、可能性がかなり低くなったと書けます)
ネットブックを使ってる人でエクスプローラーや
なんらかのソフトウェアが応答停止になるような状況にある人は
ここまでの設定を試してみてもいいかもしれませんね。


ただまあ、実際のところは、どれだけ体感速度が落ちないかという所に
尽きますので(笑)
ここまでの設定に関しては参考にしてもらう程度にしていただけると
管理人としてもありがたいところです。



スポンサードリンク