Windows7 RTM版が入手可能に(MSDN、TechNet会員のみ)Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

Windows7 RTM版が入手可能に(MSDN、TechNet会員のみ)

マイクロソフト、開発者向けに「Windows 7」の完成コードをまもなく公開へ

予定通りのスケジュールでWindows7 の完成コード、つまり
RTM版が公開されるようです。
例によって友人のMSDN会員に譲渡をお願いしてみましたが
断られました。
RTM版って何? という人のために少し説明を加えると
release to manufacturing version の略で
いわゆる、製品版のようなもの、です。

ベータ版やRC版を経てバグを修正したり、より改善したりして
RTM版となります。
このあと
・メーカー製パソコンにインストールするためのOEM版
・ハードウェアの添付品という位置づけのDSP版(旧称OEM版)
・ケースに入って店頭で売られるOS単体のパッケージ版
と、いうように市場に出回るようになります。


「Windows 7」ではハードウェアの性能も向上--MSとプロセッサ各社の取り組み

もともと、Vista やWindows7 はマルチコア環境でより
パフォーマンスを発揮できるように設計されているようで
今回のIntel社との協力は(Intel製チップ搭載のPCならば)
よりパフォーマンスを期待できるようになると思います。
つまり、処理が早くなるということですね。

また、グラフィックスシステムの二大メーカー
AMD社とNVIDIA社のGPUをCPUのように使えるようにすることによって
よりWindows を快適に使える可能性が出てきたともあります。
安価なPC ですとこれらのGPU が使われず
Intel製チップセット等のグラフィック機能を使うこともありますから
恩恵は受けられないかもしれませんが……
最近では10万円台のパソコンでもこれらのGPUが使われていることが
ありますので、これから新規にパソコンを買おうと思っている人は
こういう点も含めて検討してみても良いかもしれません。


「Windows 7」最終版のバグ、MSは「致命的問題ではない」とコメント

すでにRTM版をリリースする以上、そうコメントせざるを得ないとも
言えますが(苦笑)
セキュリティレベルで言えば「緊急」ではないとのことですが
いずれにせよ修正が入るのは間違いないようです。
実際に、URLに記載のあった「ハイテク愛好家向けサイト」にアクセスし
その再現手順を見てみましたが……
これを通常業務(通常使用)下においてやる人はほとんどいないと
思われます。
記憶媒体を多く含むUSB 製品(例えば多種対応のメモリーカードリーダーなど)や
記憶デバイス、光学式デバイスなどを複数つけていれば
それを実行する可能性が無いとも言い切れません。

手順としては非常に簡単なので、興味のある方は
リンク先をアクセスしてみてください。


サードパーティ製アプリが狙われる傾向に 攻撃を受けやすいのはQuickTimeなど

Windows7 とは直接関係がないですが、Windows ユーザーならば
知っておいて欲しい情報でしたので紹介します。

Adobe社のFlashの脆弱性を狙った悪意のあるウィルスが出たのは
記憶に新しいところですが、こういったサードパーティ製プログラムの
脆弱性を狙われる傾向が強くなってきているとのことです。

いくらWindows7 のセキュリティが強固になったとしても
インストールしている他のアプリケーションをきっかけに
不正アクセスなど攻撃をされてしまうようではたまりません。

WindowsUpdateと同等に、サードパーティ製プログラムも
アップデートしていきたいものです。


マイクロソフト、「Windows 7 XP Mode」のRC版をリリース

企業にとってはある種目玉となっている機能、Windows XP Mode のRC 版が
リリースされました。
早速管理人もダウンロードサイトから入手し
インストールしてみました。
すでにWindows XP Mode Beta がインストールされている場合は
注意が必要で、次のような手順になります。

1.プログラムのアンインストールから、Windows XP modeを削除
2.インストールされた更新プログラムからKB958559を削除
3.Windows7 RCを再起動
4.ダウンロードしたXP Mode RCをインストール
5.Windows7 RCを再起動
6.ダウンロードしたVirtual PCをインストール
7.Windows7 RCを再起動
8.プログラムより、Windows XP Mode を実行しセットアップ

以上となり、結構手順が多いです。
また、WindowsUpdateに絡むインストールなので
再起動中は電源を切ってはいけない、万一にそなえ
バックアップをとるなどの対策も必要です。


Microsoft、欧州向け『Windows 7 E』の販売はしないと発表

日本在住の方ではあまり関係ない話です。
マイクロソフト社も大変ですね。
さて、複数のブラウザから選択できるようになるとすると
PCメーカーのサポートセンターは頭を抱えることになりますね。
欧州のPCメーカーさんも大変ですね……。


Microsoft,「Windows 7」用プロダクト・キーの流出を公表

あくまでうわさですが、中国Lenovo向けにリリースされた
プロダクト・キーが流出したのでは? とのことで……。
大変悲しいことです。
もし正規のWindows7 を購入したのにアクティベーションできないなどの
トラブルが起きた場合には、PCメーカーに相談するしかないようです。


MS、「Windows 7」ファミリーパックの価格を149ドルに決定

ファミリーパックというパッケージがでるようです。
最大3台までのXPまたはVistaからのWin7へアップグレードが可能になるもので
価格が149ドル。
1ドル95円とした場合14000円ちょっととなりますから
3台にインストールしたら、1台あたり5000円未満で
Win7にアップグレードできる計算になります。
もっとも、Windows7 Home Premium Edition ですが。


Windows 7 に「変更したくない」XP ユーザーは2割弱

XP ユーザーはもっとXP に固執すると予想していたのですが
意外や意外に、Windows7 も検討しているようです。
「(新しいOSへは)様子をみてから検討する」については
Windowsユーザーならもはや常識ですので驚きません(笑)



スポンサードリンク