[連載]レノボ IdeaPad S10-2 でWindows7 RCを使ってみる-その4Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

[連載]レノボ IdeaPad S10-2 でWindows7 RCを使ってみる-その4

今回はウィルス対策ソフトをインストールしての
動作検証です。
XP だったときはお試し版がインストールされていましたが
Windows7 に変えちゃったので(笑)
Windows7 にも使用可能な、無料体験版のウィルスバスター2010を
インストールしてみることにします。

ウイルスバスター2010

ダウンロードページからダウンロードしようとすると
案の定セキュリティ保護機能が働いてIE8により
ブロックされました(苦笑)
メニューバーの下あたりに表示されているオプションを
クリックして「ファイルのダウンロード」を選びます。
ダウンロードフォルダが既定でダウンロード先に選ばれていますが
特に別のところに保存したいわけじゃないので
そのまま保存をクリック。104MBほどあります。
光フレッツなどの下りが早いところならさくっと落とせる
容量ですが、下り1Mbpsも出ない管理人宅だと結構時間が
かかります。
ダウンロードしたウィルスバスター2010の実行ファイルを
ダブルクリックしてインストール。
シリアル番号は勝手に入力されてるのでそのまま実行。
パーソナルファイヤーウォールはWin7 標準のを使うので
カスタムインストールを選択して
パーソナルファイヤーウォール機能をオフに。
インストール後は、自動アップデートをオフにして
基本的に手動アップデートへ。
(面倒くさい人はデフォルトのまま自動アップデートで)
念のためそのあとすぐにパターンファイルのアップデートを
実行します。

アップデートも終了したので、メモリ使用量の確認のため
Win7 を再起動。
……しばらくすると、メモリ使用量が38%のところで
落ち着きました。
前回、パフォーマンスを良くする設定で最高33%まで
削減できたわけですから、たったの5%しか
ウィルスバスターに占有されていない計算になります。

ちょっとこれは驚きですね。
昔WindowsXP が出たばかりのころは
OS用にメモリ128MB、ウィルス対策ソフト用にメモリ128MB
その他のソフト動作用に256MB ないと快適に
パソコンが動かないと言われていたので。
ウィルス対策ソフトもかなり進化したものです。

また、セキュリティ設定ではオプションで
USBデバイスのプログラムを自動実行しないようにする
設定も有効にできるので、普段USBメモリを複数のパソコン間で
抜き差ししてる人はこれを有効にしておいたほうが良いです。
最近の話ですが、USBメモリをパソコンに差し込むだけで
ウィルスに感染してしまうというウィルスが発見されましたので。

ためしにヤホー……じゃなかった、Yahoo! Japan の
ニュース記事あたりをちょこちょこ閲覧してみましたが
何の不快感もなく。
本当にこんな小さなネットブックに
ウィルス対策ソフトウェアがインストールされてるの?って
疑問に思うほど、軽い動作となっています。

今使ってるネットブックで、もっさり感(笑)がある場合には
IdeaPad S10-2 でもWindows7でもウィルスバスター2010でも
とりあえずお試しください。
意外に快適なので結構びっくりしました。


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

リンクシェア レビュー・アフィリエイト



スポンサードリンク