Intel社、Core i7、Core i5 シリーズを発表Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

Intel社、Core i7、Core i5 シリーズを発表

インテル、「Core i7-870」「Core i7-860」「Core i5-750」を発表

Windows7 とは直接関係はありませんが、以前よりリリースするといわれていた
Intel社の新しいCPU、Core i7-800&i5 シリーズがいよいよ発表されました。

Core i7 ではトリプルチャネルではなく、デュアルチャネルの
メモリインターフェースに機能が削減されています。

Core i5 も同じくデュアルチャネルという制約に加え
ハイパースレッティング(HT)テクノロジー機能も削減されました。

これによって少なくともマルチコアなCPU の低価格帯が実現されて
よりWindows7 の活躍場面が増えたともいえます。


実際に、秋葉原のパーツショップで有名なフェイス(Faith)さんの
実売価格を見てみますと……

Core i7 860 BOX (2.8Ghz L2 256KB*4 / L3 8MB)LGA1156
icon → 29859円
Core i7 870 BOX (2.93Ghz L2 256KB*4 / L3 8MB)LGA1156
icon → 59859円
Core i5 750 BOX (2.66Ghz L2 256KB*4 / L3 8MB)LGA1156
icon → 20749円
……2009年9月10日調べ

となっておりまして、特にi5 シリーズは求めやすい金額になっています。
i7-800シリーズを選ぶか否かは、トリプルチャネルメモリを使うのかどうか
SLI やCrossFireX をバリバリ使いたいのかどうかという点でしょうか。
i5 シリーズはWindows7 のOS を便利に使いつつも
動画編集や3Dゲームといったヘビーな使い方はしないといったユーザーに
向いているシリーズといえます。
(HTテクノロジが削減されてるため、クアッドコアとしてしか動作しない。
HTテクノロジがあれば、クアッドコア×2コアとなるため、8コアとして動作する)

これから初めて自作する方や、新しくパソコンを購入することを
検討されている方は、周波数(Ghz)だけではなく
こういった機能の違いも知っておくと良いと思います。



スポンサードリンク