【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-1回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE をBTO する」Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-1回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE をBTO する」

さて、管理人の環境化においてはそろそろWindows7 の機能で
使えないものは地デジ標準対応のパーツだけとなりました。
しかし今年の2月に今のメインPC(i7-920 6GBメモリー)を
作ったばかりですので、あまり予算がありません。
ついでに書くと、古いマンションなのでテレビアンテナが作業部屋にありません(苦笑)

そこで!

ショップ系PC サイトで、フルカスタマイズして
予算10万円以下(税込み)で、デジタル3波対応Windows7 パソコンを
発注できないか試行錯誤してみました。


◆BTOの際の必須機能◆
1.デジタル3波チューナー搭載である
2.Windows7 Professional 64bitである
3.ブルーレイディスクドライブ搭載である

なぜ必須機能にしたかというと
デジタル3波チューナーに関しては、Windows7 が標準で
デジタル3波に対応しているからというのと
BSおかあさんといっしょ を録画したかったからという(笑)
次にWindows7 Professional 64Bit にした理由は
Professional にしてリモートデスクトップ接続したかったからと
64bit で受けられる恩恵の一つ、キャッシュによる体感速度アップに
期待してというもの。
最後のブルーレイは、HD画質で録画したデジタル番組を
SD画質などへ劣化させることなくコピーしたかったからですね。


というわけで、これらを踏まえて各パソコンメーカー及び、ショップ系BTOサイトを
見て回りましたところ、まず1番のデジタル3波チューナー搭載ができるサイトが
ほとんどありませんでした(苦笑)
いえ、もちろんあるにはあるんですけど、デジタル3波チューナー搭載PC だと
軽く10万超えるので今回の企画に沿わないわけです。
そんななかようやっと見つけたのがこちら。

パソコン工房
Librage BTO MT770aA2X2-BDE(59,980円~) icon

AMD社製のCPU とチップセットとブルーレイドライブを搭載した
低価格デスクトップで、デジタル3波チューナー選択可能モデルです。
OS をWindows7 Professional 64bit にして
デジタル3波対応チューナーをつければ最低条件は満たされます。
この時点で8万円ちょっと。
あとはどれくらい他のパーツを強化できるかによって
快適度が変わってきます。


◆管理人視点での強化ポイント◆
CPU Windows7 を使うからには4コア以上のマルチコアを使いたいところ。
マルチコアを使うことによりダブル録画時の負荷軽減や
ブルーレイディスク、DVD ディスクの作成時の時間短縮が見込まれる。
メモリー 64bit 版OS なので、最大まで積んでも使いこなせる。
Windows7 はメモリーの多さで体感速度が変わると実感しているので
できるだけ多くのメモリーを選びたい。
HDD 地上波デジタル放送の番組を1時間HD画質で録画した場合
10GB前後の容量となってしまうため、できるだけ多くのHDDを選びたい。
ただし、eSATA の外付けHDD を後から増設することも可能なうえ
DVD やBD にしてしまえばHDD 上のデータを削除することも
可能なので、そこまでこだわる必要はないか?
グラフィックスボード オンボードのグラフィックスシステムでも十分に性能はあるのだが
CPU に負荷をかけてしまうので安くてもグラフィックスボードは
別途つけたほうがHD動画を見るときなどは快適と思われる。
その他 モニターはHD対応のものが管理人宅にあるので不要。
スピーカーはむしろここでオーダーするよりも
パイオニア等の音系メーカーで買ったほうがよさそう。
3年延長保証はあったほうが良いに越したことはない。
キーボード・マウスはワイヤレスにしておいたほうが
お掃除はしやすそう。
無線LAN のほうが配線のゴチャゴチャを少しでも減らせる。


はい、あれもこれも機能を強化したほうがいいものばかりです。
全部強化していったら10万円を軽く超えます(苦笑)
何しろ残った金額はあと1万円ちょっと。
よく吟味して、優先順位と妥協点をつけて強化しなければなりません。

優先順位としては、やはり後から箱をあけてパーツの交換が必要に
なってしまうものは、あらかじめ強化しておきたいですから
CPU→メモリー→グラフィックスボード→HDD→その他 となるでしょうか。
その順番通りにまずは検討していきます。

○CPU
 CPU はパソコン中級者でも交換するのをためらう人が多いので
 ここはなるべく妥協したくないところです。
 BTO の選択肢として(2009年12月18日現在)
 AMD AthlonII X2 240 [+ 標準構成時 ]
 AMD AthlonII X2 250 [+ 1,500円 ]
 AMD Athlon II X4 プロセッサ 620 [+ 5,800円 ]
 AMD Athlon II X4 プロセッサ 630 [+ 8,500円 ]
 AMD Phenom II X4 クアッドコア・プロセッサ 905e [+ 13,800円 ]
 ……これらの5つがありました。
 AthlonII X2 はIntel ですとCore2 Duoクラス
 AthlonII X4 はCore2 Quad クラス
 PhenomII X4 はCore i5 700シリーズクラス といった感じです。
 CPU のベンチマーク比較サイトを拝見したところ、AthlonII X4 と
 PhenomII X4 とではさほど大きな差が見られなかったので
 ここは、AthlonII X4 にしました。
 620と630 では周波数の違いしかなく、2.6GHz か、2.8Ghz かだったので
 差額となる2700円をどうとらえるかですね。
 ベンチマーク比較サイトを見ても、この程度の周波数の違いであれば
 さほど体感速度も変わらない感じでしたので、2700円は別のパーツ代に
 使うことにしました。
 よってここは、AMD Athlon II X4 プロセッサ 620 [+ 5,800円 ] を
 選びました。

○メモリー
 管理人のメインパソコンで、業務を含め普段使いしているときに
 リソースモニターを開きますと大体1.5GB~2.0GBぐらいメモリーを
 使用中と表示されますので(苦笑)
 快適に使いたければ最低4GB はメモリーをのせたいところです。
 BTO の選択肢として(2009年12月18日現在)
 DDR2 800 1GB×2 (計2GB) [デュアルチャネル] [+ 標準構成時 ]
 DDR2 800 2GB×2 (計4GB) [デュアルチャネル] [+ 5,000円 ]
 DDR2 800 2GB×4 (計8GB) [デュアルチャネル] [+ 15,000円 ]
 ……これらの3つがありました。
 すでにCPU を選んだ時点で残り金額7000少々ですので
 4GB を選ぶほかありません。

○グラフィックスボード
 残り2000円少々ですので選びようがありません。
 オンボードのグラフィックスシステムで使用します。

○HDD
 残り2000円少々ですので選びようがありません。
 標準の500GB で使用します。

○その他
 3年保証は金額的につけられません。
 マウスとキーボードは管理人宅の旧メインパソコンのものを
 流用するのでそれでよしとしました。
 無線LAN か、HDD のパーティション分割サービス のいずれかが
 金額的にいけるので、どちらにしようか迷いましたが
 リカバリー(HDD初期化&OS 再インストール)の利便性もありますし
 起動ドライブにユーザーデータをたくさん置きたくないという点もありますし
 ルーターから本体を置く位置まで遠くないので無線LAN にする必要性も
 それほどないことから
 プライマリHD Cドライブ:80GB、Dドライブ:残り [+ 2,100円 ]
 ……こちらのパーティション分割サービスを選びました。
 きちんと設定しておけば、起動ドライブは40GB も使わないのですが
 どうしてもCドライブを使わないといけないソフトが今後出てくる可能性も
 ありますので、あえて80GB にしてみました。


最終的にはこのような構成になりました。

OS = Windows(R) 7 Professional [64ビット] 正規版(DSP)
ビジネス統合ソフトウェア = なし
チップセット = AMD 790GX チップセット
ケース = タワー型ケース IW-C588 [BLACK]
電源 = 450W電源搭載
プロセッサ = AMD Athlon II X4 プロセッサ 620
メインメモリ = DDR2 800 2GB×2 (計4GB) [デュアルチャネル]
グラフィックアクセラレータ = Radeon HD 3300(AMD 790GXチップセットに内蔵)
ハードディスクドライブ = 500GB 7200rpm Serial-ATAII
パーティション分割 = プライマリHD Cドライブ:80GB、Dドライブ:残り
光学式ドライブ = 10倍速ブルーレイドライブ BH10NS30 [BD書込み/HD読込再生]
メディアリーダーライター = カードリーダーライター [ブラックベゼル]
地上デジタル放送対応チューナ = 【デジタル3波放送対応】PIX-DT096-PE0
サウンド機能 = High Definition Audio subsystem
キーボード = なし
マウス = なし
液晶モニター = なし
セカンドモニター = なし
スピーカー = なし
PCリサイクル = 家庭系パソコン(PCリサイクル料金込み、回収再資源化料金不要)
保証 = 安心の1年間無償修理保証


送料、消費税も込みで合計99,860円とかなりギリギリまで組み込んだ10万円テレパソです。
すごく平たく機能を説明すると……
「Windows7 搭載デスクトップパソコン(本体のみ)デジタル3波視聴録画可能!ダブル録画可能!
ダビング10対応!地デジで録画した番組をブルーレイディスクにすることもできちゃうんです!
15ヶ月無料の最新セキュリティ対策ソフトもついて1月4日まで送料無料の10万円以下テレパソ!」

とこんな感じです(笑)

発注から2~10営業日程度の納期とのことなので、今注文すると
早ければ年内には届きますね。
年末年始は何番組でもダブル録画したいですから、早く届くことを祈るばかりです。


iconicon
Librage BTO MT770aA2X2-BDE(59,980円~) icon
(Ctrl キーを押しながらリンクをクリックすると別タブで、Shift キーを
 押しながらクリックすると別ウィンドウで開きます。
 BTOカスタマイズ例を見ながら注文する場合には、別タブまたは
 別ウィンドウで開いたほうが見やすいです)
スポンサードリンク