【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-2回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE が到着しました」Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-2回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE が到着しました」

前回注文したLibrage BTO MT770aA2X2-BDE が
早速到着しましたので(大急ぎでテレビ部屋を片付けて)
セットアップすることにしました。

まずは製品の確認から。

Librage BTO MT770aA2X2-BDE の梱包箱(大・小)

大きなダンボール1箱と、小さなダンボール1箱。
実は管理人、ショップ系BTOパソコンは初めて買うので
箱が2つ来ることが驚きました。
中身はこんな感じ。

小さい箱の中は書類などの付属品一式
大きい箱の中はパソコン本体のみ

マニュアルなどの書類やらケーブルやら、使わなかったネジやパーツなども
入っています。
保証書やキャンペーン用紙、使用上の注意、保証書規定など書類
DSP版Windows7ディスクやセキュリティ対策ソフトディスク、パソコン工房様発行のマニュアルディスク、ブルーレイドライブの付属ディスクなど
マザーボードやPCケース、電源ユニットなどに付属している部品類

マザーボードの取扱説明書とユーティリティディスク、使わなかった部品

地デジキャプチャカード関連の箱とその中身。
地デジキャプチャカードの箱と、リモコンとお試し用電池、USBレシーバー(リモコン受信部品)

一通り中身を確認して、いざ開封。
テレビアンテナをどのようにするのか
マニュアルを見ないとわからない状態でしたので
とりあえずWindows7 をセットアップしてしまうことにしました。

アイ・オー・データさんのマルチタッチモニターを接続して
電源ON。予想外に静かな駆動音。うちのメインPC より静かです。
初回起動時特有のレジストリ更新やらなんやらの再起動とかが
勝手に始まりました。
「サービスを開始しています」などのメッセージが
都度表示されているので、真っ暗な画面のまま不安に待つことが
ありません(笑)
まあ、ビデオのパフォーマンスを確認しています等など表示されても
意味がわからないことのほうが多いんですが……。
真っ暗よりはマシですよね。

そして、画面が美しい青のグラデーションに切り替わり
初回設定画面へと変化。


と、ここで初めてマウスとキーボードを接続していなかった事に気づき
あわてる管理人(笑)
マウスもキーボードもプラグアンドプレイ機器ですので
USBキーボードでも持ってくればいいんですけど
ここはあえて、マルチタッチモニターのマルチタッチ機能を使って
スクリーンキーボードで入力していきます(笑)
アイ・オー・データさんのマルチタッチモニターは
ペンでも入力できるので、指が太いなどの理由で
誤タッチすることも少なく良いです。

初回セットアップ:キーボードもマウスもないままプロダクトキー入力画面になってしまい、スクリーンキーボードで入力しようとしているところ

そしてメーカー製パソコンではありえない、ショップ系BTOパソコン特有の
プロダクトキーの入力画面へ。
(メーカー系BTOの場合OEM版のOSがインストールされるので
プロダクトキーの入力は無し。ショップ系BTOの場合は
DSP版がインストールされるのでプロダクトキーの入力が必要)
25桁の英数字をスクリーンキーボードでせっせと入力し
使用許諾などにOKをクリックしながら
ネットワークの接続の設定画面へ。

初回セットアップ:ネットワークの接続の設定画面

ここではいわゆる家庭内で使うという状況ですので
「ホームネットワーク」を選択。

自動でネットワークの設定をしてくれているようで
しばらくするとようこそ画面が表示されました。

インターネットに接続された状態なので
早速勝手にWindowsUpdate が開始。
スパイウェアソフトのアップデートと
グラフィックスドライバーの更新がインストール。
折角なので、エクスペリエンスインデックスぐらいは
計測してみると……(計測には結構時間がかかります)

グラフィックスのエクスペリエンスインデックスは4.2

一番低いサブスコアが4.2 でした。
プロセッサが7.1出たのは意外で、グラフィックスが4.2出たのは
想像通りって感じですね。
オンボードのグラフィックスシステムですので
これだけ出れば十分という気がします。
(公式やヘルプでは、グラフィックスを多用するようなケースの場合
3以上スコアが出ていれば十分とのこと)

もちろん、エクスペリエンスインデックスのみで
判断できるものではありませんが
地デジの視聴や録画、再生などもかなり期待できそうです。
次回のエントリーでは実際に地デジを接続しての
レビューを行いたいと思います。



※関連リンク
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-1回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE をBTO する」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-2回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE が到着しました」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-3回目「地デジをセットアップするまで:コード E202 信号が受信できません」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-4回目「録画した地デジ番組をDVD にコピーして他の機器で再生する」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-5回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。準備編その1……保存先設定」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-6回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。準備編その2……ライブラリ設定」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-7回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。メディアストリーミング再生編」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-8回目「Windows7 のライブラリを活用して、オリジナルDVD を作成してみる」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-最終回「Windows7 テレパソのまとめ」



スポンサードリンク