【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-3回目「地デジをセットアップするまで:コード E202 信号が受信できません」Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-3回目「地デジをセットアップするまで:コード E202 信号が受信できません」

無事初期不良もなく、エクスペリエンスインデックスも十分であることが
わかりましたので、地デジの視聴をすべく各種セットアップを開始します。


◇家庭用テレビアンテナを分配して、テレビとパソコンで受信できるようにする

管理人宅には、居間にしかテレビアンテナの同軸ケーブル※差込口がないので
まずはそのアンテナを分配器で2つに分配します。
もともと、VHS ビデオデッキ(古い……)を接続するために
2つに分配してあったので、ビデオに繋げていた同軸ケーブルをはずします。
これで、パソコンの地デジチューナーと接続するための準備その1ができました。

※ここで言う同軸ケーブルとは、L型ケーブルまたはストレートケーブルとも
 呼ばれています。


◇分波器を用意する

管理人宅のマンションでは、BS 放送と地上波デジタル放送が
混ざって受信されているので、それを分けてやる必要があるようです。
分波器を購入し、同軸ケーブルを先ほどの分配器のあいた所へさして
BS 放送と地上波デジタル放送に分波しました。
分波器を購入するとき注意しなければならないのは
今回のパソコンにセットアップされているデジタル3波チューナーが
F 型アンテナケーブル接続であるため(F 型→SMB 変換ケーブル付属)
同軸ケーブル→F 型アンテナケーブル のケーブルを用意する必要があるということです。


◇アンテナとパソコンを接続しB-CAS カードを挿入する

F 型アンテナケーブルに分配された、地上波デジタル放送アンテナと
BS&CSデジタル放送アンテナとを、付属していたSMB 変換ケーブルと繋ぎ
SMB 変換ケーブルを、パソコン背面の地デジチューナーの各端子に接続します。
次に、B-CAS カードの表裏と向きに注意して、B-CAS カードも挿入します。


◇デジタル3波キャプチャーカードPIX-DT096-PE0 のソフトウェアをインストールする

キャプチャーカードPIX-DT096-PE0 の箱の中に同梱されていた
インストールCD をブルーレイドライブに挿入します。
Station TV のインストールを実行し、ドライバーや
その他ソフトをインストールします。
途中、シリアルキーを求められるので、インストールディスクの
パッケージ裏側にあるキーを入力して、続行させます。
(例によってキーボードがなかったのでスクリーンキーボードと
マルチタッチで入力しました(笑))


……と、ここまではPIX-DT096-PE0 のマニュアル通りの流れです。
この後、初めてStationTV を起動するときに
地域設定や郵便番号の設定などの初期設定画面が表示されるはずなのですが
表示されず、こんなエラーメッセージが。


[信号が受信できません。天候が悪いか、アンテナ線の接続状態に問題がある可能性があります
コード:E202]


どうやらパソコンの出荷前検証の時に設定したと思われる
地域設定が残っていたようです。
管理人宅の地域設定に直すために次の手順で地域設定を行いました。

◇StationTV の地域設定をする

StationTV を起動し、画面を右クリックして クイックメニュー を
表示させます。
クイックメニューの中の 設定 をクリックし
テレビ設定をクリックし、地上波デジタルをクリックします。
チャンネルスキャンをクリックし、都道府県域を
自分の住んでいる都道府県に変更して 初期スキャン をクリックします。
しばらく自動でスキャンが行われるのでのんびりと待ちます。

※お引越しで住所が変わった時などにも同様の操作で
 地域設定を行うことになります。


◇データ放送設定

StationTV を起動し、画面を右クリックして クイックメニュー を
表示させます。
クイックメニューの中の 設定 をクリックし
データ放送設定 をクリックし
データ放送地域設定 を自分の住んでる都道府県に変更して
郵便番号を正しく入力します。

※お引越しで住所が変わった時などにも同様の操作で
 地域設定を行うことになります。


まぁ、ウィンドウズなので一応ここで再起動をしてから(笑)
再度StationTV を起動してみますと
問題なく地デジ番組が表示されました。

アンテナケーブルは1組しかさしてないのに
ダブル録画とか裏ロクとかできてすごいなと感心。
ついでにやっぱり地デジなので、ハイビジョン綺麗だなーと感動。
管理人宅はトリニトロン官を使ったブラウン管テレビで
もちろんアナログ放送で受信し続けていたので
特にイラストやアニメなどで再放送ではないものなんかは
エッジ(ふちどり)がシャープで綺麗に見えますね。

試しにその時映っていた番組(ちょうどやっていたのは生放送番組)を
録画して、HD 画質のまま再生させてみたところ
ウィンドウモードでも、フル画面モードでも
カクカクすることなく、ブロックノイズもまったくなく
リアルタイムで視聴しているのと同様になめらかに再生できました。

正直なところ……
「外付けHDD を簡単に増設できる地デジブルーレイレコーダー」
という意味で取っても10万以下で済むのはオイシイですね。



※関連リンク
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-1回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE をBTO する」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-2回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE が到着しました」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-3回目「地デジをセットアップするまで:コード E202 信号が受信できません」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-4回目「録画した地デジ番組をDVD にコピーして他の機器で再生する」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-5回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。準備編その1……保存先設定」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-6回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。準備編その2……ライブラリ設定」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-7回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。メディアストリーミング再生編」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-8回目「Windows7 のライブラリを活用して、オリジナルDVD を作成してみる」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-最終回「Windows7 テレパソのまとめ」



スポンサードリンク