【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-4回目「録画した地デジ番組をDVD にコピーして他の機器で再生する」Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-4回目「録画した地デジ番組をDVD にコピーして他の機器で再生する」

今回は管理人も初耳だった単語がわんさか出てきますので
ちょくちょく注釈を付けてエントリーします。


管理人宅に同居している家族が「坂の上の雲 第5回」を見たいと言うので
EPG 番組表から録画予約を行いました。

EPG 番組表とは

EPG 番組表とは、インターネットや、電話回線などから
テレビ番組データを入手し、画面上に番組表を
表示させること。
対応している端末であれば、番組表から直接
予約録画を直感的に行うことができるので
Gコードや、日時設定などの細かい設定をする必要がなく
非常に便利。
今回のテレパソでもリモコンのみで予約操作が可能


実際のEPG 画面
実際のEPG 画面(コンパクトデジタルカメラで撮影のため
モアレが映ってます)

予約ボタンをクリック、または、リモコンでOK ボタンを押す
実際のEPG 画面その2(コンパクトデジタルカメラで撮影のため
モアレが映ってます)
EPG 番組表で録画したい番組を選び、予約ボタンをクリックまたは
リモコンでOK ボタンを押すだけで、予約作業が終了します。
すごく便利です。

実際にリモコンで操作している風景
実際にリモコンで操作しているところをデジカメで撮影。
リモコン受光部はPC 背面に付けているので、ぱっと見の
うざったさがありません。
さらに2.4Ghz帯の無線でリモコン操作しているので
想像以上にスムーズに操作ができます。
従来の赤外線無線で行う、ワイヤレス周辺機器なんかの
「動かない、もたつく、誤動作する」などのトラブルが
まったくありません。快適です。


無事録画が完了した地デジ番組ですが、諸事情ありまして(後述有り)
管理人宅のテレビで見ようということになり、DVD に
コピーして再生することになりました。
まずここで、CPRM という単語を知ることになります。
CPRM とは
CPRM とは私的録画補償金を予め支払っている
デジタル記録録画メディアのこと。
ここで言うならば、CPRM対応DVD-R など。
デジタルコンテンツは高画質のまま複製が可能なため
著作権利用を前提としたメディアを用いることにより
コンテンツのコピーを可能とする規格。
家族だけのビデオなどを録画した動画などは
著作権は家族だけになるので、CPRM 非対応のメディアでも
複製は可能という理論になるが、知らずにCPRM 対応メディアで
DVD ビデオを作成してしまうユーザーも多い。


CPRM 非対応のDVD-R だと表示されるメッセージ
地デジ番組をコピーする際にCPRM 非対応のメディアを挿入しておくと
「対応していないディスクが入っています」と
メッセージが表示されてしまいます。
たまたま年末商戦でTDK のCPRM 対応DVD-R メディアが
安売りされていたので、そちらを購入してきたところ
メッセージは表示されなくなり、コピーが可能になりました。
→購入したのはTDK のDR215DPWB10PS というもの。
 個別パッケージされていないので、個別保存するならばCDスリーブなどの
 パッケージが別途必要。


DVD にコピーをしている作業中に小さな家族がうっかりと
マルチタッチモニターのキャンセルボタンを触ってしまい
ダビング10 の残り回数が1回分減ってしまいました(苦笑)
ダビング10 とは
地上波デジタル放送や、BS、CS 放送などで採用されている
著作権保護技術。
9回までのコピーと1回のムーブに対応していることから
ダビング10 という呼び名が付いている。
コピー操作中のキャンセル処理や、停電等による
本人の意思とは関係ない終了処理をされても
実行した回数だけコピー回数が減るため
9回のコピーという比較的多いコピー回数が設定されていると
思われる。


ムーブとは
地デジ番組などを録画したデータを
ブルーレイディスクやCPRM 対応DVDメディアなどに
書き移し、HDD 上のデータを消去すること。
ダビング10 の場合、9回のコピー後
さらにコピーしようとすると10回目となるため
自動的にムーブ扱いとなり、HDD 上から
録画したデータが削除される。
HDD 容量が少なく、特に頻繁に繰り返し見るような
番組データでなければムーブ処理を行って
HDD 容量を空けるほうが望ましい。


小さな家族に触られないように注意して2度目のコピーを
実行したところ、無事DVD-R にコピーできました。

実際にコピーが成功できているかどうか確認しようと
Windows Media Player 12 を起動させてみたのですが
再生時間00:00となってしまい、再生できず。
調べてみたところ、WMP12 はCPRM には対応していないようで
ブルーレイドライブに付属していたメディア再生ソフトの
「PowerDVD 8」をインストール。
PowerDVD8 では無事コピーしたDVD が再生できました。

同様に、他のパソコンでも再生できないか試してみると
やはりWMP12 では再生できないので
管理人のメインPC にもWinDVD8 をインストール。
(こちらもドライブに付属のソフトウェア。
 CPRM に対応させるためには、Corel社よりCPRM 対応化プログラムを
 ダウンロードする必要があり、ダウンロードは20回までと
 制限されている)
WinDVD8 では再生することが可能でした。

最初の目標である「家庭用テレビで録画した番組をDVD プレーヤーで見る」
というのは、CPRM 対応のはずのDVD プレーヤーが
読み込み不良を起こして再生できなかったので目標達成できず……。
某量販店で2年前ぐらいに5000円ぐらいで買ってきた
メーカーもよくわからないDVD プレーヤーだったので
仕方ないかなとあきらめました。
PS3 でも購入したら家庭用テレビで見てみたいと思います(笑)



※関連リンク
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-1回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE をBTO する」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-2回目「Librage BTO MT770aA2X2-BDE が到着しました」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-3回目「地デジをセットアップするまで:コード E202 信号が受信できません」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-4回目「録画した地デジ番組をDVD にコピーして他の機器で再生する」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-5回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。準備編その1……保存先設定」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-6回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。準備編その2……ライブラリ設定」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-7回目「Windows7 の新機能を使いメディアサーバーパソコンとして使う。メディアストリーミング再生編」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-8回目「Windows7 のライブラリを活用して、オリジナルDVD を作成してみる」
 【連載】10万円以下でテレパソを買う!使う!-最終回「Windows7 テレパソのまとめ」



スポンサードリンク