FF14のベンチマークテストを試してみた。Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

FF14のベンチマークテストを試してみた。

FF14はWindows7 64bitにも対応、エニイコア(マルチコア)にも対応するという
ハイエンドオンラインゲームだという事は予め知っておりましたし
週刊アスキーに書いてあった限りでは、ベータ版の動作環境だけでも
かなりのスペックが要求されていました。

そのFF14のベンチマークソフトが公開されましたので
早速管理人も試してみました。

管理人のメインPCのスペックはこちら。
・OS……Windows7 32bit
・CPU……Inter Core i7-920
・メモリー……トリプルチャネルメモリー6GB(ただしWin7 32bitのため3GBちょっとしか使えない)
・グラフィックスカード……NVIDIA Geforce 9800GT 1GB

実際にベンチマークをしてみた数値がこちら。

FF14ベンチのHighモードで1560のスコア

1560と出ました。
FF14のベンチマークの紹介ページでは
1500~1999の値は「重い」とされており、プレイは可能だが重いのだそうです。
1500未満は必要な性能を満たしていないということですので
最低限、管理人のメインPC(おそらくグラフィックスカード)よりも
良い性能のグラフィックスカードでないと、普通に動作することが
難しいと思われます。


同じグラフィックスカードでPentium4 の知人は
1000を切っていましたから、少なくともデュアルコア
できれば、2コア4スレッドまたは4コア以上が望ましいと思われます。
(画像には写っていませんが、Core i7-920 は8CPU と表示されていたので
スレッド数で計算しているものと思われる。)

ゆえに、3コアのPhenom II X3 で、RADEON HD4890 でテストした知人は
Highモードで2413、Lowモードで3479をたたき出しました。

さらに4コア8スレッドの Core i7-860 で、RADEON HD 5870 でテストした友人は
Highモードで4590 をたたき出しました。
4500~5499の値は「快適」とされており、満足にゲームができるものと
予想されます。
(ベンチマークでの結果はFF14正式版の正常動作を保証するものではありません。
あくまでも参考程度にご利用ください)

RADEON HD 5870 は現状ですと5万円近いお値段のグラフィックスカードですので
自作派の方はFF14正式版がリリースされるまでカードの値下がりを待って増設するか
それ用にマザーボードから組みなおしたほうがよさそうですね。
パソコン本体を購入してゲームを楽しむ予定の方は
FF14動作確認済みパソコンを買ったほうが安心です。

FF11がリリースされたころもハードウェアがまだ追いついていない状態で
「一番高いパソコンを買ったのにFF11が動かない」というトラブルが
相次いで起きていましたので。
(スクウェアエニックスは歴史を繰り返すつもりなのか?)

ハードウェアに詳しくない人は、動作確認済みパソコンを買ったほうが懸命です。

ファイナルファンタジー14 ベンチマークソフト
http://www.finalfantasyxiv.com/media/benchmark/jp/



スポンサードリンク