Windows7 SP1 のパブリックベータを公開へWindows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

Windows7 SP1 のパブリックベータを公開へ

MS、「Windows 7 SP1」パブリックベータを7月にリリースへ

とうとう、正式にマイクロソフトからWindows7 のサービスパックについて
発表があったようです。
といっても、内容的には、現在までのWindowsUpdate で配布されていた
アップデート内容といくつかの修正だけにとどまるとのことなので
あとは入ってもせいぜい、インボックスドライバの追加程度になると思われますが
SP1 を導入することによりOS が飛躍的に進化するわけではないようです。
とはいえ、長くWindows を使ってきた古いユーザーの場合
「SP1が出てからじゃないと新しいWindows は使いたくない」という
意見が多かったのもまた事実。
パブリックベータ版が7月に出るということは、その後まもなく
正式アップデートされるでしょうから、SP1導入済みWindows がリリースされるのも
同じ時期でしょう。
つまり、パソコン業界においては、今年の秋冬モデルあたりが
一斉にWindows7 SP1 搭載モデルになりそうです。


マイクロソフトで夏の思い出づくりキャンペーン開催

6月7日から7月31日までにWindows7 の各種パッケージを購入した人で
かつ、ユーザー登録をし、キャンペーンにエントリーした人の中から
抽選で3名に、Windows7 をさらに楽しめるアイテムプレゼント! というものです。
プレゼント商品はいずれもWindows7 の新機能に対応した製品で
・地デジチューナー
・リモート再生対応ネットワークメディアプレーヤー
・マルチタッチ液晶ディスプレイ(21型フルHD)
となっています。
DSP版とライセンス版は対象外となるようで、WindowsAnytimeUpgradeは
対象になるそうなので……
新しくWindows7 のパッケージを購入した人または
WindowsAnytimeUpgrade パッケージを購入した人が対象となるわけですね。
ウィンドウズエニイタイムアップグレードとは
例えば、Windows7 スターターエディション搭載のネットブックを購入した人が
ホームプレミアムにアップグレードしたい場合のパッケージ製品です。
パッケージ版(32/64bit同梱)や、エニイタイムアップグレードパッケージは
いずれもAmazonで売ってます。
これらをひとまとめにしたAmazonストアなるものを作成しておいたので
購入を検討している人はこちらから見てみてください。多分見やすいと思います。
Windows7ストア-Amazon


マイクロソフト、「Windows Live」アプリの改良点を明らかに

無料のソフトウェアやサービスが提供されている
Windows Live の各種プログラムがアップデートおよび、ベータ版がリリース
されるとのことです。
管理人は実際に、Windows Live Mail と、Windows Live Movie Maker を今も
使っていますが、特にムービーメーカーのアップデートには期待しています。
また、Windows Live Sync も、注目度が高いですね。
タブレットPC やモバイルPC 等とうまく連携させればどこでも同じファイルを
編集できるようになるので、ネットさえつながるところであれば
場所を選ばなくなります。
フリーのソフトですと、Dropbox なんてものがありますが
おそらく似たようなものだと思います。
Live Sync のクラウドストレージは2GB ですが、ローカルのPC間における
ファイルの共有に関しては無制限の容量とのこと。
個人でもかなり楽しみなサービスですが
法人などでも(セキュリティの問題さえクリアできるのであれば)高速ネットワークを
使って、ファイルの共有ができるようになるのは非常に興味深いのではにでしょうか。


東芝、3D対応ノートPC「dynabook TX/98MBL」--Blu-ray3Dタイトルも3Dゲームも楽しめる

他社も夏には3Dパソコンを出すという話が出ていますが
東芝のdynabookシリーズで3Dパソコンが登場です。
やはり、NVIDIA 3D Vision を搭載していますね。
専用のアクティブシャッターメガネを装着すれば
3Dゲームが遊べるようになります。
また、Blu-ray3D の再生にも対応しています。
現時点で、3D の動画コンテンツは非常に少ないのですが

パナソニック、日本でもBlu-ray 3Dのオーサリングを開始

こんな感じでBlu-ray3D はどんどん作られているので
年内には色々な既存の2D映画(?)が3D化してBlu-ray3Dビデオとして
発売されるのではないでしょうか。
もちろん、アバターのように、撮影時から3D専用の機材を使っていたものよりは
立体映像のリアルさが異なるとは思いますが
ぶっちゃけた話、Blu-rayであることの利点がDVDビデオの利点を上回っていない
現状なので、業界の3Dに対する期待の高さがうかがえます。

東芝本家のオンラインショップではまだ予約すらできなかったので
またもやビックカメラさんの予約ページを紹介しておきます。

dynabook TX/98MBL PATX98MRFBL (2010年夏モデル)249800円(ネットポイント10%付き)





スポンサードリンク