Windows7 からXP へのダウングレード期限が延長へWindows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

Windows7 からXP へのダウングレード期限が延長へ

マイクロソフト、「Windows 7」から「XP」へのダウングレード期限を撤回

もともと、Windows7 SP1のリリースまたはWindows7 のリリースから18か月後の
いずれか早いほうの段階で、WindowsXP へのダウングレード権がなくなるとされていたわけですが
「顧客が納得しづらいだろう」という配慮で、Windows7 のライフサイクルの間はずっと
WindowsXP へのダウングレード権を認めるとのことです。
(つまり2020年1月)
WindowsXP はWindows7 より不安定ではあるものの、Windows98SEやWindowsMe よりは
はるかに安定したOS なうえに、9x系OS のソフトウェアとの互換性を
高く維持していたため、今現在も70%以上のユーザーがWindowsXP を
使っている現状です。
うちの義母(今年60歳)でもWindows7 は普通に使いこなせちゃってるので
もうXP にこだわる必要もあまりないような気もしますね。
あ、もちろん、Vista へのダウングレード権も同様です。


『Windows 7』搭載機器は多様化の方向へ

まあ、もともとWindows7はクラウドしようねって言ってましたから……
今までと違って、すでにある技術にも対応することによって
より既存の家電などとの連携ができるようになり
Windows Live ID を使うことによって、本来であれば高度な設定が必要な
ネットワーク通信が簡単にできるようになるなど、Windows7 の進化は計り知れません。
また、軽量化や、各種センサーAPIへの標準対応などにより
スレートPCや、スマートフォン、はては携帯電話にまで
Windows7 を導入していきたい気持ちでいっぱいのようです。
(さすがにケータイやスマホはウィルス感染が怖いのでWindowsOS は
避けたいと思う管理人ですが)
とにかく今年中には出してくると思われる、タブレットPC に
注目です。
ソニー信者の友人はソニーのタブレットPC に非常に興味を示していましたが
管理人はどうするか悩み中です。もっとも早くリリースされたものを買うか
もっとも機能が充実したものを買うか。
ニュース系サイトの管理人としては、もっとも早くリリースされたもののほうが
いいんですけどね(笑)


「Windows 7」搭載コンピュータの46%が64ビット版--マイクロソフトが明らかに

Microsoft の中のひとに聞いたところ、アメリカでは
特に互換性とか気にしないで、「そこにパソコンが売ってたから買ったのよ」
ってノリで、64bit版をばんばん買ってたらしいので
日本よりも64bit版の普及率は早かったそうです。
日本も最近では、標準で64bit のWindows7 を搭載している
パソコンがかなりの割合を占めてきています。
64bitのほうが高速化が見込めるということもあるのですが
32bit版じゃないと動かないソフトや周辺機器がほとんどなくなってきたから
というのもおそらく64bitが主流化してきた要因なのではないかと思われます。


MS、「Windows Phone 7」のサービス接続機能を明らかに

直接Windows7 とは関係ないのですが、Windows Live ID と組み合わせたりすると
Windows7 と連携できてしまうのでご紹介。
いわゆる「ハブ機能」とよばれる機能を使うことによって
直感的に、あらゆるWindows Live サービスと連携したりすることができるそうで
これまでにないスマートフォン端末になることだけは間違いなさそうです。
まあ、日本語版はまだまだ先のようですが(笑)


ISV向けアプリ開発キットのベータ版も提供開始

スマートフォン市場で何が一番大事かって、そのソフトウェアがいかに充実しているかだと
友人が言っていました。
(友人は、iPhoneとエクスぺリアとiPadを所持)
というわけで、Windows Phone 7 もどれだけアプリが充実してくるかに期待なわけですね。
そのアプリケーションの開発キット(のベータ版)の提供もすでに始まっているようなので
「年末にはWindows Phone 7 をリリースしたい」という時期までには
わくわくさせてくれるようなアプリが大量にできていることを期待します。



スポンサードリンク