2010年10月Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
ファイナルファンタジー14パソコン比較サイト
スポンサードリンク

10月の定例アップデートは緊急4件、重要10件、警告2件。KB2360131、2281679、982132、2160841、981957、2296011、2378111、2405882、2207566、2387149

本日13日に、10月のセキュリティアップデートが公開されました。
緊急4件、重要10件、警告2件のうち、Windows7 に関連するものは
緊急が4件(うち32bitは3件)、重要が5件(Windows Live の
Web Appsを含めると7件)、警告が1件です。
各リンク先一覧はこちらです。


Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム KB2360131

このプログラムでInternetExplorer の10件の脆弱性を修正します。
最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーがInternet Explorer を
使用して特別に細工されたWeb ページを表示すると、リモートでコードが
実行される可能性があります。


Windows Media Player ネットワーク共有サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される KB2281679

攻撃者が影響を受けるコンピューターに特別に細工した
RTSP パケットを送信した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。
ホームメディアへのインターネットアクセスは既定では無効にされていますが
外部からアクセス可能なポートを自ら開放設定している場合には
その限りではありません。
この更新プログラムでその脆弱性を修正します。


Embedded OpenType フォント エンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される KB982132
攻撃者はEmbedded OpenType(EOT)フォントエンジンに存在する脆弱性を
悪用し、影響を受けるコンピューターをリモートで
完全に制御する可能性があります。
この更新プログラムでその脆弱性を修正します。


.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される KB2160841

ユーザーがXAML ブラウザーアプリケーション(XBAPs)を実行可能な
ブラウザーを使用して、特別に細工されたWeb ページを閲覧した場合
クライアントシステムでリモートでコードが実行される可能性がある脆弱性を
修正します。
この更新プログラムはWindows7 64bit と、Itanium based エディションの
Microsoft Windows システム上の.NET Framework4.0 に適用されます。


Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される KB981957

このプログラムで、一般に公開された数件のWindows カーネルモードドライバーの
脆弱性を解決します。
最も深刻な脆弱性では、攻撃者が影響を受けるコンピューターにログオンし
特別な細工がされたアプリケーションを実行した場合
特権が昇格される可能性があります。


Windows コモン コントロール ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される KB2296011

ユーザーが特別に細工されたWeb ページを訪問すると、リモートでコードが
実行される可能性を修正するプログラムです。
ユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしている場合
(特に明確にユーザー権限を低くしたユーザーアカウントを作成していなければ
ほとんどの人が管理者ユーザー権限です)
攻撃者はこの脆弱性を悪用して、影響を受けるコンピューターを
完全に制御する可能性があります。


Windows Media Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される KB2378111

Windows Media Player が悪意のあるWeb サイトでホストされている
特別な細工がされたメディアコンテンツを開いた場合
リモートでコードが実行される可能性がある脆弱性を
修正するプログラムです。


Windows シェルおよびワードパッドの COM の検証の脆弱性により、リモートでコードが実行される KB2405882

ユーザーがワードパッドを使用して特別な細工がされたファイルを開いた場合
またはネットワークや、WebDAV 共有上のショートカットを選択または開いた場合
リモートでコードが実行される可能性がある脆弱性を
修正するプログラムです。
手動ダウンロードされる方などは、2つプログラムがありますのでご注意ください


SChannel の脆弱性により、サービス拒否が起こる KB2207566

このプログラムはSChannel(セキュリティで保護されたチャネル)の
セキュリティパッケージの脆弱性を解決します。
この脆弱性により、Scure Sokets Layer(SSL)を有効にした
Web サイトをホストしている、影響を受ける
インターネットインフォメーションサービス(IIS)サーバーで
特別に細工がされたパケットメッセージを受信した場合に、サービス拒否が
起こる可能性があります。


Microsoft Foundation Classes の脆弱性により、リモートでコードが実行される KB2387149

ユーザーが管理者ユーザー権限でログオンし、MFC Library で
設計されたアプリケーションを開いている場合、リモートで
コードが実行される脆弱性を修正するプログラムです。


SafeHTML の脆弱性により、情報漏えいが起こる KB2412048

攻撃者が特別に細工したスクリプトをSafeHTML を使用した
標的のサイトに送信した場合、情報漏えいが起こる可能性があります。
Microsoft Office Web Apps にもこのプログラムにより脆弱性が修正されます。


Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される KB2293194

この更新プログラムにより11件のMicrosoft Office に存在する
脆弱性を解決します。
Microsoft Office Web Apps にもこのプログラムにより脆弱性が修正されます。



その他Office 製品や、他のバージョンのWindows Update 内容については
こちらのリンクからご確認ください。

2010 年 10 月のセキュリティ情報


このエントリーを含むはてなブックマーク

サンコー USB足踏みスイッチ(トリプル) USFOTS3S

サンコー USB足踏みスイッチ(トリプル) USFOTS3S <34697>

サンコー USB足踏みスイッチ(トリプル) USFOTS3Sは
ペダルを踏んで入力(クリックや、Ctrl、Altを押す)ができる
キーボード、マウスに次ぐ、3番目の入力デバイスとしてここ最近の間に登場してきました。
まだ周辺機器としては認知度が低く、知らない人のほうが
多いかと思います。

3つのフットスイッチには、いろいろな入力を割り当たることができ
Ctrl+C(コピー)や、Ctrl+V(ペースト)や、Ctrl+Z(元に戻す)など
組み合わせてあるキーも登録することができます。
文字入力系のお仕事をされてる人で、コピー&ペーストを
頻繁にされてる人は、それだけで、左手の小指がつってきたりしますので
それを足踏みスイッチで行えたら楽ですよね。

画面が見えないなどの理由で読み上げソフトを使っている人ですと
キーボード操作(Alt+←で戻る、Alt+→で進む、Enterでハイパーリンクをクリック)も
慣れるまではきついでしょうから、このフットスイッチが役に立つと思います。
※入力設定は自分か、どなたかにやっていただく必要はあります。

またゲームをやってる人なんかにもおすすめですね。
ゲームによって使うキーや組み合わせも異なると思いますけど
頻繁に使うキーを設定しておけば、足で操作できるので
今までにない経験が得られるかと思います。


なんらかの事情で片手でしか操作できなかったり
人差し指だけでキーを押しているような人や
今よりさらに入力を楽にしたい人などの
とてもおすすめの周辺機器です。

サンコー USB足踏みスイッチ(トリプル) USFOTS3S <34697>


このエントリーを含むはてなブックマーク

サイトを見ただけでウィルスに感染の恐怖

ウェブサイト閲覧でPCを感染させる攻撃を複数確認--JPCERT/CC注意喚起

Adobe Acrobat、Adobe Reader、Flash Player、Windows、Java(JRE)などの
脆弱性を悪用したサイト改ざんと、改ざんされたサイトを閲覧した人が
マルウェアをインストールされてしまうという攻撃を複数確認したとして
注意喚起を発表したとのことです。
以前は、メール経由でのウィルス感染が圧倒的だったのですが
最近ではメールのセキュリティ対策が多少なりとも効いてきているのと
Windows Vista ぐらいからOS 自身のセキュリティが強化されているため
サードパーティ製プログラム(Flash等)の脆弱性から
セキュリティホールをつついてくるようになりました。
Adobe Reader や、Flash、Java、Windows、いずれも脆弱性の対策を
常に行っており、頻繁に最新バージョンの提供を行っていますから
アップデートのお知らせがあったら、即座にインストールすることを
お勧めします。
基本的にはいずれのソフトウェアもアップデートバージョンがあれば
自動的に「アップデートしますか?」というお知らせが
表示される仕様ですので、その時点で作業中のものはすぐに終わらせるか
いったん保存して、アップデートしてしまいましょう。


マイクロソフト、「Windows 7 Family Pack」を米国などで再発売へ

まだ日本Amazonでは発売されていないようですが、順次各国でも
Windows7 ファミリーパックを再発売してくれるようです。
今回もまた数量限定のようですので、購入を検討していたにも関わらず
買いそびれてしまった人にはうれしいお知らせですね。
管理人も購入を検討していましたが、適用予定だったパソコンが
調子が悪くなってしまったのと、検証用にXP、Vista と残しておきたいため
購入は見送ることにしました。
それでなくても、Windows7タブレットPCを購入したり
FF14用にGeforce GTX470 のグラフィックスカードを購入したりしていますしね。


マイクロソフト、「Windows Live Essentials 2011」の正式版をリリース

Windows Live Esssentials 2011 と書かれると何のことだか
わからない人もいるかと思いますが
Windows Live メールとか、Windows Live ムービーメーカーなどの
新しいバージョンのことです。
特にWindows Live メールは、インターフェースというか
見た目が大きくかわりまして、メールの送受信もちゃんと
「送受信」ボタンが表示されていたりします(笑)
日本人には正直「同期」って書かれていてもあまりピンと来ませんから
やっと使いやすくなったか、といった感じです。
管理人はこれのベータ版のころにインストールして使っていましたが
現在Windows Live メールを使っている人は、そのまま
上書きインストールでアカウントもメール内容も引き継いでくれます。
また、新しいWindows Live メールが気に入らなくてアンインストールした
場合、古いWindows Live メールを再インストールすれば
これまたデータを引き継いでくれます。
地味にうれしい互換性ですね。いちいちバックアップとリストアを
しなくてすみますので。
それから、新しくデータ同期ソフト「Sync」がパッケージに
含まれるようになりました。
自宅、外出時、会社、学校などなど、いろいろな場所で
パソコンやスマートフォン、タブレットPC などに触れる機会が
ある人ならば、この同期ソフトが無料で使えるのは
非常にありがたいと思います。
もっとも、すでにそのような環境にあるひとは
Dropbox などの無料同期ソフトを使っていると思いますので
Skydrive の25GB ストレージなどとの連携も含めて
比較してみても面白いでしょう。


ドコモの「『公衆無線LAN』新規お申込みキャンペーン」がスタート

mopera U のオプションサービスだそうですが
公衆無線LANコースが月額315円で使えるそうです。
しかも今なら新規お申し込みキャンペーン中で1年間
オプション料金が無料だとか。
ロッテリアやスターバックス、タリーズコーヒーに、新幹線、大学などで
サービスエリアが展開されているので
地方でもエリアがそれなりにあるのが魅力です。
首都圏ですと、駅近郊はほとんどなんらかの無線LANスポットがあるので
いいんですが、モバイル使うのは全国誰でも同じですし
こういったサービスはどんどん全国展開していただきたいと思います。
タブレットPC が残念ながらiPad 3G モデルのように自ら通信回線の端末と
なることができないので(少なくともONKYOのタブレットPCは、ですが)
ポケットwi-fi を持ってない人で、Docomo ユーザーの人ですと
最近ではケータイ自身がアクセスポイントになってくれる機種も
出回っていますので、それに機種変更してしまうという手もありますね。
そのケータイでmopera U の公衆無線LANコースをつければ
普段はケータイの電波でタブレットPC をwi-fi 接続し
公衆無線LANエリアに入ったら、そっちの回線を
ケータイ経由でタブレットPC にwi-fi 接続できそうです。
また、ケータイ以外でも、データ通信端末を直接タブレットPC の
USBポートに接続すればデータ通信プランが定額で使えます。
どちらが安いかといえば、通話をほとんどしないという前提だと
データ通信端末&データ通信プランと、携帯電話の一番安いプランにするほうが
安いといえば安いのですが……
せっかくのタブレットPCからにょきっと端末が出てるのはちょっと
勿体無い感じがしますね。


マイクロソフト、「Windows Phone 7」発表イベントの招待状を発送

10月11日にニューヨークでWindows Phone 7 に発表が行われるために
招待状が発送されたそうです。
管理人宅には来ていません(笑)
静かに発表されたものをニュースサイトで見るほか無いようです。


このエントリーを含むはてなブックマーク