2011年11月Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
ファイナルファンタジー14パソコン比較サイト
スポンサードリンク

2011年11月のセキュリティアップデートは緊急1件、重要2件、警告1件。KB2588516、KB2620704、KB2630837、KB2617657

TCP/IP の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2588516)

このセキュリティ更新プログラムによりMicrosoftWindows に存在する1件の脆弱性を解決します。
この脆弱性により、攻撃者が対象システムの閉じられたポートに特別な細工をした
UDP パケットの連続フローを送信した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。


Windows メールおよび Windows ミーティング スペースの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2620704)

このセキュリティ更新プログラムによりMicrosoft Windows に存在する1件の脆弱性を解決します。
この脆弱性で、ユーザーが特別な細工がされたダイナミックリンクライブラリ(DLL)ファイルと
同じネットワークディレクトリにある正当なファイル(.emlファイルや.wcinvファイルなど)を
開いた場合、リモートでコードが実行される可能性があります。


Active Directory の脆弱性により、特権が昇格される (2630837)

このセキュリティ更新プログラムによりActive Directory、Active Directory Application Mode(ADAM)
およびActive Directory Lightweight Directory Service(AD LDS)に
存在する脆弱性を解決します。


Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、サービス拒否が起こる (2617657)

このセキュリティ更新プログラムによりMicrosoft Windows に存在する1件の脆弱性を解決します。
ユーザーが、電子メールに添付された特別に細工されたTrueType フォントファイルを
開いたり、特別に細工されたTrueType フォントファイルを含んでいるネットワーク共有や
WebDAV ロケーションに移動した場合、この脆弱性によりサービス拒否が怒る可能性があります。


WindowsUpdate のほか、サードパーティ製プログラム(Adobe ReaderやFlash Player等)も
随時セキュリティ対策が行われたバージョンが上がっておりますので
こちらも合わせてバージョンアップを行い、ウィルス対策ソフトウェアも
無料のものでかまいませんので(MSEとか)最新の状態を保つようにしてください。
年末に近くなるにつれて、ウィルス被害が増える傾向があります。
くれぐれもお気を付け下さい。


このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年11月の定例アップデートは緊急1件重要2件警告1件

マイクロソフトより定例アップデートの事前通知が発表されました。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2011 年 11 月

今回は緊急が1件、重要が2件、警告が1件と少な目です。
公開を予定しているのは11月9日(水曜日)です。
全件でWindows7 が影響をうけるのと、内容によれば
再起動を要するものが見受けられるので、例によってあらかじめ
作業中のデータを保存してからシャットダウンしたり
WindowsUpdate 後に自動再起動しない設定にしておくとよいでしょう。
(当然ながら、作業終了後は速やかに再起動してください)


このエントリーを含むはてなブックマーク