Windows7情報

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark
スポンサードリンク

店長に相談パソコン.com に実際に相談メールを投げたら即レスで割と良い返事が来た件

「店長に相談パソコン.com」というBTOパソコンサイトがあるんですが
製品ラインナップに無いようなハードウェア構成や
その他色々店長自ら相談に乗ってくれるというので
実際に下記文面で問い合わせてみました。


「静音PCというよりは体感速度レベルでの、爆速パソコンの購入を検討しています。
起動ドライブにプレクスターのPX-256M5P を搭載したとして、データドライブに、PX-512M5Px2 のRAID0 の構成で、パソコンを作ってもらうことはできるでしょうか?
あと、RAID0 の構築の仕方とかもわからないので、リカバリーディスクとかがついてるといいんですが、リカバリーディスクはつきますか?
リカバリーディスクがない場合、設定マニュアルとかはつけてもらえるのでしょうか?」


新生FF14が動くパソコンだとか、動画編集に最適なパソコンだとか
甘っちょろい相談なんかしない管理人です。
なんていうか色々ひどいというか、申し訳ないというか、ごめんなさい。
店長さんの力量を試してるとしか言いようがない質問内容です。
さて、そんな問い合わせを送ったのが昨夜。
そのお返事が来たのが今日の12時1分。
1営業日も待たずに返事が来たのは今どきITer なら当たり前ですが
こういうショップ系で即レスが来るのは、なかなかの対応レベルです。
さて、気になる返信内容はこちら。


「お問い合わせありがとうございます。店長に相談パソコン.comの笹岡です。
早速ですが、ご質問へのアドバイスとなります。


データドライブをRaid0にすることは可能ですが、構成的にデータドライブ側が
OS側の約2倍の速度になるのでOS側の速度がネックになるかも知れないですね。


基本的にはRAID0はプログラムやシステム用で、データドライブの場合は
動画を編集するなどでない限りあまりRAID0のメリットは甘受できません。


今回の構成だと用途にもよりますがRAID0をシステム側にした方が体感速度は上がると思います。


ただ、RAID0は壊れた時のリスクが大きいということは念頭に置いて下さい。
物理的な故障率は2台で1つなので単純に2倍+RAIDコントローラーの不具合発生リスクもあります。


リカバリーディスクですが、RAIDの場合はRAIDコントローラーを
リカバリーディスク使用時に入れる必要があり、少し難しかったりします。


また、SATA3のコントローラーは現状のマザーボードではIntelは2個までで、
残りは別チップを搭載することで対応しています。


ただ、別チップは速度がIntelほど出ないことがあったり、OSが上手く入らないこともあります。
今回SATA3のSSDが3個あり、構成的にリカバリーディスクが作成可能かやってみないと
わからない部分があります。


設定マニュアルですが、RAID構成の仕方はマザーボードのマニュアルに記載されておりますので、
そちらを参考にして下さい。


構成的に特殊な作業が必要になればお知らせするようにしております。
ご検討よろしくお願い致します。


店長に相談パソコン.com
笹岡大樹」


今回のポイントはココです。
・データドライブをRAID0 にしたい
・体感速度を爆速にしたい
・リカバリーディスクが付くか確認したい

まず1点目、データドライブをRAID0 にする事と
体感速度を爆速にしたいという事、ここでは
起動ドライブをRAID0 にするほうをアドバイスされています。
実際、起動ドライブをPX-256M5P×2 にしてRAID0 にすれば
シーケンシャルリードは1000超えますし
4KQD も500超えとかするので、ベンチマーク上では爆速になりますね。
ただ、店長さんも言ってるようにRAID0 っていうのは
二つのドライブに同時書き込みしているのでどっちかがNGになったら
両方NGになるというリスクがあります。
ついでに言えば、OS が入ってる起動ドライブというのは
そもそもOS が壊れやすいので、起動ドライブには
極力OS とアプリケーションしか入れたくないんですね。
マイドキュメントなどのユーザーごとのファイルも
できれば使わず、データドライブにフォルダー作ってそっちにデータ入れて
ライブラリに登録して、既定の保存先に設定してやれば
基本的にC ドライブにはOS とアプリケーションしか
データがない状態になります。

まあ、データドライブをRAID0 にする必要っていうのは
体感速度というよりはむしろ1TB で使いたいっていう話なんですが。
正直シーケンシャルリードライトが400超えてて
4KQD もリードライトが200超えてるSSD なんてもの使ってたら
あとはもう体感速度ではわかりにくいですよ。個人ユースでは。
なので、データドライブをRAID0 っていうのはちょっとした
いじわるな質問なわけです。

それでもきちんと答えてくれるのはさすがですね。
方法としては、店長さんが言うように、オンボードのチップでは
データドライブのRAID化は無理なので、別途RAIDカードを用意して
RAIDを組むか、Windows7 上で、ダイナミックディスクに変換して
ソフトウェアRAID を組むかになります。

リカバリーディスクに関する質問も見事ですね。
RAID がある場合はアレイを読み込むためのドライバーを入れないと
いけないので、そもそもリカバリーディスクだけで対応できない
可能性のほうが高い。
なので「やってみないとわからない」という返答なのだと思います。
そもそもそんな変態PC を相談してきたのは初めてでしょうし(笑)


というわけで、非常にいぢわるな質問をしても
しっかりと丁寧に、しかも早く返信が帰ってくるBTO ショップさん
だということがわかりましたので、
「パーツの情報は色々聞いたことはあるけど自作するのは不安」という方や
「自作経験がないわけじゃないけど、なるべく冒険はしたくない」という方など
初心者を抜けた中級者さんにもオススメのBTO ショップ
店長に相談パソコン.com さんの紹介でした。



このエントリーを含むはてなブックマーク