2010年09月FF14パソコン比較

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

『Windows7情報』DELL Alienware Aurora ファイナルファンタジー14推奨認定パッケージ第二弾




宇宙最強シリーズのAlienware より、ファイナルファンタジー14推奨認定
パッケージの第二弾の登場です。
水冷式を導入している推奨パソコンはDELLだけなので
長時間プレイを基本的に考えている人は、まずDELL から検討するといいでしょう。


Dell Alienware Aurora ファイナルファンタジー(R)XIV 推奨認定パッケージ <9/14時点>
OS Windows7 Home Premium 64bit
CPU Intel Core i7-875k プロセッサー (2.93GHz)
メモリー 4GB(2GB×2)デュアルチャネル DDR3-1333 SDRAM メモリ
HDD 750GB HDD
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックスシステム NVIDIA GeForce GTX460 1GB(DVIx2/miniHDMI)
FF14ベンチマーク結果 High (1920x1080) 2399 Low (1280x720) 4487
モニター 別売



手が届きやすくなったお値段で、水冷式の長時間連続プレイ仕様パソコンというのは
廃人ゲーマーにとってはありがたいのでは。
ベンチマークスコアこそ標準ではHighで2399 となっていますが
カスタマイズで電源を875wにし、Geforce460SLI にすれば、もっと上が狙えるうえに
価格も第一弾のAlienware Aurora ALX より安いです。
(標準の525w ではグラフィックスカード2枚は電源容量が足りず起動しないか
 フリーズしやすくなる)
9月18日現在、人気集中のため納期が通常よりも1週間遅れているとのことですが
23日までらくらく分割払いの金利1.9%キャンペーンがやっているので
なるべく安く、かつ月々の支払いは楽にしたい人は、今のうちに頼んでおいたほうが
良いですね。
本体分配送料無料。※最新の価格はDELLサイトで確認してください。


Alienware Aurora FF14推奨認定パッケージ
このエントリーを含むはてなブックマーク

ドスパラ Prime A Galleria FINAL FANTASYR XIV 推奨認定パソコン HR




ドスパラでは3機種目の推奨認定パソコン。
AMD Radeon系グラフィックスボードでは2番目となる推奨認定パソコンです。
もともとベンチマークソフトが出始めたころからRadeon系のほうが
良いスコアを出していたので、Radeon派にしてみれば
「やっとか……」という思いでしょうか。


ドスパラ Prime A Galleria FINAL FANTASY(R) XIV 推奨認定パソコン HR
OS Windows7 Professional 64bit
CPU AMD PhenomⅡ X6 1055T (6コア/2.8GHz/L2 512KBx6/L3 6MB/95W)
メモリー 4GB(PC3-10600 DDR3 2GB×2)
HDD SATA2 1.0TB
光学式ドライブ DVD スーパーマルチドライブ
グラフィックスシステム ATI Radeon HD 5850 搭載ビデオカード(1GB / PCI Express2.0)
FF14ベンチマーク結果 High (1920x1080) 3805.0 Low (1280x720) 4381.3
モニター 別売



標準構成で119980円、この金額でベンチマーク結果のHigh が3805だというのですから
さすがのコストパフォーマンスです。
Geforce系に比べて消費電力が少なめなのも魅力のひとつですね。
カスタマイズしても3日で出荷なので、今から注文しても十分に
FF14の発売日に間に合いますね。(9月18日現在)
PC自作仲間の間ではドスパラはサポートが良いと評判です。

プライム エー ガレリア ファイナルファンタジー14 HR
このエントリーを含むはてなブックマーク

Faith INSPIRE Ex 3D VISION Surround

icon icon


すでに7月から発売されていたモデルですが
FF14の推奨スペックが公表されましたので、こちらでも紹介させて
いただきます。
推奨動作パソコンであれば、最強だったでしょう。
まずはこちらのスペック一覧をご覧ください。


INSPIRE Ex 3D VISION Surround
OS Windows7 Ultimate 64bit
CPU Intel Core i7-980X
メモリー 6GB PC8500 DDR3
HDD Intel SSD X25-M 80GB&2TB S-ATA
光学式ドライブ Blu-rayドライブ
グラフィックスシステム NVIDIA GeForce GTX480 2枚SLI構成
特典 窓辺ななみ超プレミア楽曲CDプレゼント
モニター 3D Vision対応23型モニター3台



CPUが最強なのはすぐわかるとして、起動ディスクにIntel SSD X25-X を
使っているところから、起動の早さを予想してもらえると思えます。
また、グラフィックスシステムは現時点(2010年9月13日)の段階で
GeForce 系の単体グラフィックスカードとしては最強のGeForce GTX480。
これを2枚挿してのSLI構築ですので、超最強であることは間違いありません。
ついでに言えば、3D VISION Srround に必要な3D 対応ディスプレイも3台
ついていますし、3D VISION Srround に必要なケーブルももれなくついてきます。
自作派の方ですと、おそらくこのケーブルでちょっと勉強代払うことがありますから
そういう意味でも、このBTOモデルは安心です。

また、地味なんですが、PCケースが良いです。
管理人も使っているPCケースと同じメーカーが作っているもので
クーラーマスターと呼ばれるPCケースなのですが
これがかなりエアーフローを考慮されたケースなので
通気孔をふさがない限りは、かなりPCケース内を空気が回ってくれます。
自作パソコンされてる方で初心者の多くは、PCケース代をケチるんですけど
PCケース代をケチればケチるほど、各部品の故障率が高くなりますので
このPCケース採用は、管理人は個人的に超プッシュですね。オススメです。
特に、長く使いたいなら……なおさらです。

難しい知識も必要なく、3画面でのウルトラゲーミング環境が欲しい人なら
これしかありません。
あ、モニター3台置けるパソコンデスクはついてきませんので(笑)
そこは自分で用意してください。
ニッセンとかで8000円も出せば横150cmのパソコンデスク買えますので。

INSPIRE Ex 3D VISION Surround
icon

※管理人も愛用、女性一人でも気合で組み立てられた
 横60~180cmの選べるパソコンデスクはこちらから
 →スリムパソコンデスク
※個人的にはフルタワーのパソコンだと、デスクの奥にある収納部分に
 ぶつかってしまって全部入りきらないので、ラックやキャビネットは
 あとから必要だと思ったら追加注文したほうが良さそうです。
このエントリーを含むはてなブックマーク